WordPressでブログ書くなら必須? Auto Post Thumbnail

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回のWordpressのプラグイン紹介はコチラ!

Auto Post Thumbnail

これは、どんなプラグインなのかというと、今までは自分でPhotshopなどを使いアイキャッチの画像を作成していたんですが、

そんな面倒な記事のアイキャッチを自動で設定してくれるプラグインなんです。

※ただ、記事の画像を自動的にサムネイルサイズにしているだけなのでクオリティを求めてはいけませんw

そもそもアイキャッチってなに?

アイキャッチとは上記のような関連記事の画像の事です。

記事のサムネイルなどに使用するものです。

通常は自分でアイキャッチを設定しますが、これを自動で設定してくれます。

Auto Post Thumbnailの使い方

Auto Post Thumbnailをインストールしてプラグインを有効化してください。

有効化したら設定からAuto Post Thumbnailを選択して、下記の画面が表示されると思います。

Generate Thumbnailsを押して、過去記事のサムネイルを作成します!

ステータスバーが100%になったら完了です^^

あとは勝手に記事にアイキャッチが設定されます!

関連記事の表示にはYet Another Related Posts Pluginがオススメ!

僕がAuto Post Thumbnailと一緒に使ってるプラグインがYet Another Related Posts Pluginです。

これも設定は簡単!プラグインをインストールして有効化します。

設定のYARPPをクリックします。

僕が設定変更しているのは、表示設定 ウェブサイト用しか変更しておりません。

設定を変更しているのはリストからサムネイルに変更して、ヘッダーの部分と関連記事がない時のメッセージ:を日本語に変更してあります。

これで、先ほど紹介したような関連記事が表示されるようになります。

プラグインは日本語に対応しているので、設定も非常に簡単で便利です^^

まとめ

Auto Post ThumbnailとYet Another Related Posts Pluginの組み合わせは非常に便利です!

ページのユーザビリティを向上させるだけでなく、ページの滞在時間を長くしてくれます。

アイキャッチはもちろん重要だし、作れるなら作った方が効果は高いと思いますが色々やってると面倒なんですw

自動でアイキャッチを作ってくれて、関連記事を表示させるこのプラグインのコンボはオススメです!

Let’s WordPress Enjoy!

スクリーンショットの貼付が超簡単になるWordPressのPluginとフリーソフト!

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回のオススメWordpressプラグインは、スクリーンショットの貼付が超簡単になるプラグインとフリーソフトです!

以外に面倒、スクリーンショットの貼付

スクリーンショットの貼付って以外に面倒なんですよね^^;

スクリーンショット→トリミング→メディアを追加

画像が多ければ多いほど、この手順が非常に面倒なんです。

面倒なスクリーンショット貼付の救世主!

OnePress Image Elevator と SnapCrab for Windows

この2です!SnapCrabはWindows版しかないので、Macも使う僕には残念です。(;o;)

SnapCrabはSleipnirというブラウザを開発している会社のフリーソフトなので、安心して利用できます^^

この2つ、どんなものか気になりますよね?

OnePress Image ElevatorというWordpressのプラグインは、クリップボードのイメージをCtrl+Vで貼付できるプラグインです。

SnapCrabはデスクトップをトリミングして、クリップボードに保存できるソフトです。

既にお判りですよね!

SnapCrabでクリップボードに保存してOnePress Image Elevatorで貼り付ける!

超簡単なこのコンボを利用してみてください!

OnePress Image Elevatorの使い方

Wordpressのプラグインから新規追加をしてOnePress Image Elevatorを検索するか、直接ダウンロードしてアップして有効化して終わり!

このようなアイコンが追加されていると思います。

緑色の時は有効化状態で、赤の時が無効化状態なので、使用する場合はクリックをして緑色にしましょう^^

SnapCrabの使い方

SnapCrab for Windowsをダウンロードしてインストールしておきましょう。

SnapCrab自体が自分を写さない設定なので、困りました…w

左からウィンドウをキャプチャ/トップレベルウィンドウをキャプチャ/デスクトップ全体をキャプチャ/指定範囲をキャプチャ/投稿/カーソル位置の色を取得/ウェブページをキャプチャ/設定

僕がよく使うのは、指定範囲をキャプチャが多いですね。

設定

詳細設定でキャプチャの保存先をクリップボードにしておくと、OnePress Image Elevatorと連携が出来ます。

他の設定は今の所、デフォルトです。

総評

面倒なスクリーンショットの加工~掲載までを簡単に行える、この組み合わせは今の所で最強です!

スクリーンショットを多用するブログをお持ちの方に、是非オススメしたい組み合わせとなっております。

クリップボードに保存しておけばPhotshopに貼り付けて編集して、それをまたクリップボードに貼り付けて直接Wordpressに貼れるので、作業が捗ります!

Let’s WordPress Enjoy!

WordPressでAmazonの商品を綺麗に簡単に紹介するPlugin

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回はWordpressのかゆい所に手が届く的なプラグインを紹介致します!

Blogをやっている方でAmazonのアソシエイトプログラムを使用している方も多いと思います。

自分で毎回毎回、商品設定するのが面倒なのと、あまり綺麗に見えないってのが難点なんですよね^^;

そんな時に役立つのAmazon JSというプラグインです!

工程1 プラグインをダウンロード・インストール&有効化

WordpressのPluginでAmazon JSというプラグインがありますが、管理画面上で検索しても出てきません。

DLはWordpressのサイトより行って、アップロードして有効化しましょう。

Amazon JS ダウンロードはコチラ

工程2 キャッシュ用のディレクトリを作成

プラグインをインストールするだけでは動きません。

FTPでサーバに接続し、/wp-content/cache/ のディレクトリの中にamazonjsというディレクトリを作成して、パーミッションを777に設定します。

工程3 Product Advertising APIのアカウントの作成orログイン

既にもっている方はログインをして下さい。

Product Advertising APIのアカウントが無い場合はコチラから作成しましょう。

アカウントを作成

新規作成の場合
E-mail or mobile number:にメールアドレスか携帯番号を入れますが基本はメールアドレスです。
I am a new customer.をチェックして下さい。

既にアカウントを持ってる場合
E-mail or mobile number:に登録済みのメールアドレス
I am areturning customer, and my passwords is:に登録したパスワードを入力してSign in using our secure serverをクリックします。

2 ACCOUNT INFO

Company Nameは不要(あれば記載)

WebSite URLも不要(あれば記載)

Website or Application Descriptionはサイトまたはアプリの説明を入力します。これは任意ではなく必須です。(もちろん英語でw)

Check here to indicate that you have read and agree to the terms and conditions of the Product Advertising API License Agreement.
にチェックをつけて

スパム防止のコードを入力して、Complete Registrationをクリックします。

3 SUCCESS

になったらManage Your Accountをクリックしましょう。

ここからは日本語サイトに移動するので、楽になりますw

アカウントサービス→アクセスキー情報のこちらのリンクをクリックします。

AWSにログイン

サインイン、またはAWSアカウントを作成に先ほど作成orログインしたアカウントを入力します。

AWS アカウントのセキュリティ認証情報ページにアクセスしています。アカウントの認証情報により、AWS リソースに無制限にアクセスできます。
アカウントの安全を確保するには、アクセス許可が制限された AWS Identity and Access Management(IAM)ユーザーを作成および使用することで、AWS のベストプラクティスに従います。

と出るのでセキュリティ認証情報に進むをクリックします。

アクセスキー(アクセスキーIDとシークレットアクセスキー)をクリックします。

新しいアクセスキーの作成を押すとアクセスキーIDとシークレットアクセスキーが発行されます。
アクセスキーIDとシークレットアクセスキーをメモ帳などにコピーしておきます。

※既にアクセスキーIDが表示されてたとしてもシークレットアクセスキーが無いので、新しく作成します。

日本のAmazonアソシエイトタグの取得

Amazonアソシエイト(アフィリエイト) プログラムに参加しよう!
から登録します。
※AmazonのIDがあっても登録した覚えが無ければ登録されていません。

アカウント認証で電話番号を入力する時の注意点
080-xxxx-xxxxという電話番号だった場合は、+8180xxxxxxxxと入力する必要があります。

アソシエイトIDが発行されるので、こちらもコピーしておきます。

Amazon JSの設定

設定→Amazon JSをクリックしてAmazon JSの設定画面を開きます。

先ほどコピーしたアクセスキーとシークレットアクセスキーをコピペします。

同様にAmazon.co.jpのテキストボックスに、コピーしたアソシエイトIDを入力して変更を保存して設定が完了です。

Amazon JSの使い方

記事投稿の画面のメディアを追加の横にAmazonのロゴが表示されているので、ここをクリックすると商品検索フォームが表示されるのでキーワード検索をするか、ASIN/URLで検索のタブをクリックしてASIN/URLで検索します。

選択をして、オプションを好きに選択して挿入を押せば、簡単に商品を追加する事が可能です^^

さて、画像なしの文章のみで紹介してきましたが参考になりましたか?

要望があれば動画での作成もするかもしれません^^

商品掲載サンプル

Les’t WordPress Enjoy!