YouTubeや動画で使えるロイヤリティフリーな音源などのサイト

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回はYouTubeの動画などを作成するときに必要になってくる、BGMなどの紹介になります。

動画を大量に作るうえで、色々なBGMを使用すると思いますがフリーでロイヤリティフリーで使用できるサイトを紹介していきます。

もちろん、有料でロイヤリティフリーの音源のクオリティは高いんですが、色々と使う上ではフリーのサイトも併用した方が予算の都合上、懐にはやさしいです。w

日本

DOVA-SYNDROME

http://dova-s.jp/

DOVA-SYNDROMEは日本でも大手なフリーでロイヤリティーフリーなBGMサイトです。

YouTubeでのご利用について

を確認して、利用するようにしましょう^^

色々なジャンルもあるのでオススメです!

Music-Note.jp

http://www.music-note.jp/

Music-Note.jpはBGMやボーカル素材、効果音などを配布しているサイトです。

クレジット表記が必須ですので、下記のクレジット表記を行ってください。

著作権表記例

音楽素材提供:Music-Note.jp
URL:http://www.music-note.jp/
運営:株式会社ピクセル
URL:http://pixel-co.com/

素材利用規約は必ず確認しましょう!

musmus

http://musmus.main.jp/

musmusは、簡単なライセンス表記をするだけで利用可能なBGM配布サイトです。

効果音やジングルなども別れており、非常に便利です。

HURT RECORD

http://www.hurtrecord.com/

HURT RECORDはBGMとSEをフリーで配布しているサイトです。

ただ、事前に許諾申請を行う必要があり、手軽に利用できるかと言われると?なサイトです…

SHW

http://shw.in/

SHWは数は多くないですが、和風や管弦・オーケストラ系のBGMを取り揃えています。

Futta Music

http://music.futta.net/

Futta Musicはクレジット表記などの必要もないサイトとなります。

インストとヒーリング系のBGMをメインで運営さています。

あくまでも著作権フリー相当なので、利用規約にはかならず目を通しましょう^^

海外

INC MPETECH

http://incompetech.com/wordpress/

INC MPETECHはクリエイティブ・コモンズの作品に限り、クレジットを記載する事によって無料で使用が可能です。

Music LicensesのCreative Commonsを選択して、マッチした部分のチェックをつけるとライセンス表記が出てきます。

また曲を選択してる状態でも右下らへんにクレジット表記が出てくるので、そちらをコピーして貼付でもOKです!

Credit this piece by copying the following to your credits section:のしたの部分です!

FreeSoundTrackMusic

https://www.freesoundtrackmusic.com/

FreeSoundTrackMusicには有償の音楽と無料の音楽があります。

フリーの音楽を使う場合は、下記のようなクレジット表記が必要になります。

Full Mellow Groove by C.P.Bryan provided by freesoundtrackmusic.com

この曲の場合は

Race Against Time Warp by C.P.Bryan by freesoundtrackmusic.com

となるようです。

PacDV

http://www.pacdv.com/sounds/

PacDVは完全フリーでクレジット表記が必要ないサイトになりますが、任意でサイトへのリンクを貼って欲しいと書いてあります。

色々な広告があるので、広告に騙されないように注意しましょうw

音楽だけでなく、エフェクトなどもあるので重宝するサイトです!

Bensound

http://www.bensound.com/

Bensoundはシェアとフリーの両方の音楽が混ざっています。

フリーの物はLoginせずにDOWNLOADできるものです。

シェアのものはPURCHASEと書かれています。

ライセンス表記が必須になりますので、アルバムアートをクリックしてください。

FREE Creative Commons Licensという項目があるので、そちらを参照して下さい。

この場合は、Music: www.bensound.comかReyalty Free Music from Bensoundのどちらかを記載すればいいようです。

少ないかもしれませんが、色々面白い音楽やジャンルがあります。

まとめ

基本的には著作権フリー(ロイヤリティーフリー)で、尚且つ無料で利用できるBGMサイトを掲載しております。(自分のためにw)

YouTubeで動画を作っていくうえでは自分で作らない限りBGMやSEは必須になってくる項目です。(作成する動画にもよります)

これらのサイトが凄く役立つので、YouTubeの動画作成でBGMなどに困ったら是非、上記のようなサイトを活用してみてください^^

クオリティに拘りたい片は有料のサイトもオススメです。

もちろん無料でクオリティの高いサイトはいくつもあります!

WordPressでブログ書くなら必須? Auto Post Thumbnail

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回のWordpressのプラグイン紹介はコチラ!

Auto Post Thumbnail

これは、どんなプラグインなのかというと、今までは自分でPhotshopなどを使いアイキャッチの画像を作成していたんですが、

そんな面倒な記事のアイキャッチを自動で設定してくれるプラグインなんです。

※ただ、記事の画像を自動的にサムネイルサイズにしているだけなのでクオリティを求めてはいけませんw

そもそもアイキャッチってなに?

アイキャッチとは上記のような関連記事の画像の事です。

記事のサムネイルなどに使用するものです。

通常は自分でアイキャッチを設定しますが、これを自動で設定してくれます。

Auto Post Thumbnailの使い方

Auto Post Thumbnailをインストールしてプラグインを有効化してください。

有効化したら設定からAuto Post Thumbnailを選択して、下記の画面が表示されると思います。

Generate Thumbnailsを押して、過去記事のサムネイルを作成します!

ステータスバーが100%になったら完了です^^

あとは勝手に記事にアイキャッチが設定されます!

関連記事の表示にはYet Another Related Posts Pluginがオススメ!

僕がAuto Post Thumbnailと一緒に使ってるプラグインがYet Another Related Posts Pluginです。

これも設定は簡単!プラグインをインストールして有効化します。

設定のYARPPをクリックします。

僕が設定変更しているのは、表示設定 ウェブサイト用しか変更しておりません。

設定を変更しているのはリストからサムネイルに変更して、ヘッダーの部分と関連記事がない時のメッセージ:を日本語に変更してあります。

これで、先ほど紹介したような関連記事が表示されるようになります。

プラグインは日本語に対応しているので、設定も非常に簡単で便利です^^

まとめ

Auto Post ThumbnailとYet Another Related Posts Pluginの組み合わせは非常に便利です!

ページのユーザビリティを向上させるだけでなく、ページの滞在時間を長くしてくれます。

アイキャッチはもちろん重要だし、作れるなら作った方が効果は高いと思いますが色々やってると面倒なんですw

自動でアイキャッチを作ってくれて、関連記事を表示させるこのプラグインのコンボはオススメです!

Let’s WordPress Enjoy!

WordPressをバックアップしてミラーテスト環境を構築する!

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します!

今回はWordpressの、テスト環境へのバックアップ移行をしていて色々と面倒だったお話です。

関係ない人にはまったく関係ない話なので、適当に見るか別の記事を見てみてくださいw

今回も動画とは関係なく、この記事を書いています。

今回やりたかった事

1個のWordpressを、そのままコピーしてテスト環境として構築する。

という事です。

Wordpressを運用していくと、プラグインの入れすぎなどで速度が落ちたりするんですよね^^;

どのプラグインが悪いのか、どこの記述を消したら速度アップするのか等を検証するために、テスト環境が欲しかったんです。

まず、サイトの表示速度が遅いと何がいけないのか?という疑問ですがユーザビリティが低下してSEOとしての評価が落ちてしまいます。

ページの読み込みが遅すぎると、直帰率も高くなってしまうので表示速度は重要です!

自分のページの表示速度って、自分で見ててもよくわからないですよね?

そんな時役立つのが、GoogleのPageSpeed Insightsです。

このようにモバイル、パソコンの改善点が出てきます。

自分の改善点を見つけて改善していきましょう。

※Wordpressの速度アップ方法などに関しても、今後記載していくかも知れません。

工程1 サーバのファイルのバックアップ

FTPソフトで、自分のPCにまずファイルのバックアップを取ります。

フルバックアップを取る場合は、全てのファイルをダウンロードすればいいと思います。

今回はミラーサイトの構築だったので、

/www/user/wp-content/内の

pluginthemesuploadsの3つをバックアップしています。

languagesにファイルを自分で入れている場合などは、バックアップをしましょう^^

工程2 データベースのバックアップ

phpMyAdminでデータベースのバックアップをします。

自分のWordpressのデータを入れている、データベースを選択します。

仮にtest-wpとしたらtest-wpを選択します。

上のメニューにエクスポートという項目があるので、エクスポートを押すと上記のような画面になります。

今回デフォルトからいじってる部分は、
構造のDROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT を追加
にチェックと

作成するクエリの最大長を1,000にするのと、
圧縮をgzipにしたぐらいです。

ここでクエリの最大長を1,000にしておかないと、後々面倒なので絶対に変更しておいて下さい。

あとは実行するを押して、ファイルを保存したら完了です。

工程3 テストワードプレスのインストール

通常通りインストールしますが、ここで注意点があります。

データベース設定時に接頭辞を確認されますが、コピーするサイトと同じ接頭辞にしておかないとデータベースを復元しても読み込まないので注意が必要です。

接頭辞はあとからでも設定変更は可能です。
※サーバのファイル全てを復元する場合は特に気にしないでOKです。

工程4 バックアップファイルのアップロード

FTPに接続して、バックアップしたファイルを、新しいWordpressのディレクトリにアップロードします。

このとき、全て上書き保存してOKです!

工程5 データベースの復元

データベースの容量が少ない場合は、phpMyAdminから直接インポートすればOKです。

データベース容量が大きい場合の救世主『BigDump』

僕がテストしようとしていたサーバのデータベースは800MB前後のファイル容量がありました。

さくらインターネットのインポート可能容量は16MB!

はい、無理無理(乂д´)

以前、サーバ移行した時に使ったBigDumpを思い出しました。

だいぶ前からアップデートはされてないと思います。
右上のDownload scriptのBigDump ver 3.6b(beta)をダウンロードしてください。

zipファイルをダウンロードしたら解凍すると
bigdump.phpが出てくるので、テキストエディタ(メモ帳など)で開きます。
僕はTeraPadを使用しています。

41行目から44行目を編集します。

$db_server   = ‘localhost’; ←変更しなくても問題ない場合もありますが、使ってるデータベースサーバのアドレスを入力します。
$db_name     = ”; ←データベースの名前を入れます。
$db_username = ”; ←データベースにログインする為の、ユーザ名を入れます。
$db_password = ”;  ←データベースのパスワードを入れます。

上記を入力したら、上書き保存してbigdump.phpとデータベースのバックアップファイルをサーバにアップロードしてください。

アップしたらアップしたBigDumpにアクセスします。

そうすると、上記のような画面になります。

データベースファイルを直接アップしていない場合はDump fileから参照してUploadを押して下さい。

復元したいデータベースファイルの場所からStart Inportを押せばインポートが開始されます。

※圧縮されたファイルをインポートする場合は、ステータスバー(進行度を示すバー)が表示されない場合がありますが、問題ありません。

容量が多ければ多いほど時間がかかりますが、待ってれば完了通知が出てきます。

※データベースのインポートが完了したらbigdump.phpとデータベースファイルは削除しましょう。
第三者が見つけたら勝手にインポートできてしまうため危険です。

工程6 インポートが完了したら、Wordpressの管理画面にアクセス

Wordpressの管理画面にアクセスするとデータベースの更新をしますか?というメッセージが出てきたら更新をしましょう。

これで完了です!

だがしかし、僕の場合は接頭辞を併せてなかったりしたので、インストール時のトップディレクトリにあるwp-config.phpの接頭辞の項目を編集しました。

ミラーサイトを構築する場合は、wp-config.phpをそのままコピーしてしまうと元のデータベースにアクセスしてしまったり、検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェックが入ってないなど、色々問題が出てきてしまうので気をつけましょう!

設定に関しては、データベースを更新した後に再度チェックしましょう。

また、ミラーサイトの場合は、URLを変更しないといけないんですが、読み込んだ時に旧URLの場合があるのでデータベースに直接アクセスしてログインURLなどの変更をするか、

wp-config.phpの一番下に下記を追加してください。

define(‘WP_HOME’,’新しいURL’);
define(‘WP_SITEURL’,’新しいURL’);

こうする事により管理画面にアクセスが可能です。

この方法は、Wordpressの管理画面で設定URLを間違えてしまった時の復元にも使用可能です^^

設定>一般
にアクセスして、変更を保存してwp-config.phpに追加した2行を削除して、再度アップロードして

また設定>一般にアクセスして、新しいURLを入力して、設定の保存をすれば完了です!

ややっこしいですが、大丈夫でしょうか?w

まとめ

今回はWordpressのバックアップといよりもミラーサイトの作成だったので、普通のバックアップと違う部分もありましたが、基本的にはバックアップも同じような手順でバックアップが必要になります。

バックアップ専用のプラグインもあるので、そちらを利用した方が簡単かもしれませんが、慣れてしまうと直接バックアップした方が手っ取り早いです!w

Let’s Wordpres Enjoy!

スクリーンショットの貼付が超簡単になるWordPressのPluginとフリーソフト!

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回のオススメWordpressプラグインは、スクリーンショットの貼付が超簡単になるプラグインとフリーソフトです!

以外に面倒、スクリーンショットの貼付

スクリーンショットの貼付って以外に面倒なんですよね^^;

スクリーンショット→トリミング→メディアを追加

画像が多ければ多いほど、この手順が非常に面倒なんです。

面倒なスクリーンショット貼付の救世主!

OnePress Image Elevator と SnapCrab for Windows

この2です!SnapCrabはWindows版しかないので、Macも使う僕には残念です。(;o;)

SnapCrabはSleipnirというブラウザを開発している会社のフリーソフトなので、安心して利用できます^^

この2つ、どんなものか気になりますよね?

OnePress Image ElevatorというWordpressのプラグインは、クリップボードのイメージをCtrl+Vで貼付できるプラグインです。

SnapCrabはデスクトップをトリミングして、クリップボードに保存できるソフトです。

既にお判りですよね!

SnapCrabでクリップボードに保存してOnePress Image Elevatorで貼り付ける!

超簡単なこのコンボを利用してみてください!

OnePress Image Elevatorの使い方

Wordpressのプラグインから新規追加をしてOnePress Image Elevatorを検索するか、直接ダウンロードしてアップして有効化して終わり!

このようなアイコンが追加されていると思います。

緑色の時は有効化状態で、赤の時が無効化状態なので、使用する場合はクリックをして緑色にしましょう^^

SnapCrabの使い方

SnapCrab for Windowsをダウンロードしてインストールしておきましょう。

SnapCrab自体が自分を写さない設定なので、困りました…w

左からウィンドウをキャプチャ/トップレベルウィンドウをキャプチャ/デスクトップ全体をキャプチャ/指定範囲をキャプチャ/投稿/カーソル位置の色を取得/ウェブページをキャプチャ/設定

僕がよく使うのは、指定範囲をキャプチャが多いですね。

設定

詳細設定でキャプチャの保存先をクリップボードにしておくと、OnePress Image Elevatorと連携が出来ます。

他の設定は今の所、デフォルトです。

総評

面倒なスクリーンショットの加工~掲載までを簡単に行える、この組み合わせは今の所で最強です!

スクリーンショットを多用するブログをお持ちの方に、是非オススメしたい組み合わせとなっております。

クリップボードに保存しておけばPhotshopに貼り付けて編集して、それをまたクリップボードに貼り付けて直接Wordpressに貼れるので、作業が捗ります!

Let’s WordPress Enjoy!

WordPressでAmazonの商品を綺麗に簡単に紹介するPlugin

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回はWordpressのかゆい所に手が届く的なプラグインを紹介致します!

Blogをやっている方でAmazonのアソシエイトプログラムを使用している方も多いと思います。

自分で毎回毎回、商品設定するのが面倒なのと、あまり綺麗に見えないってのが難点なんですよね^^;

そんな時に役立つのAmazon JSというプラグインです!

工程1 プラグインをダウンロード・インストール&有効化

WordpressのPluginでAmazon JSというプラグインがありますが、管理画面上で検索しても出てきません。

DLはWordpressのサイトより行って、アップロードして有効化しましょう。

Amazon JS ダウンロードはコチラ

工程2 キャッシュ用のディレクトリを作成

プラグインをインストールするだけでは動きません。

FTPでサーバに接続し、/wp-content/cache/ のディレクトリの中にamazonjsというディレクトリを作成して、パーミッションを777に設定します。

工程3 Product Advertising APIのアカウントの作成orログイン

既にもっている方はログインをして下さい。

Product Advertising APIのアカウントが無い場合はコチラから作成しましょう。

アカウントを作成

新規作成の場合
E-mail or mobile number:にメールアドレスか携帯番号を入れますが基本はメールアドレスです。
I am a new customer.をチェックして下さい。

既にアカウントを持ってる場合
E-mail or mobile number:に登録済みのメールアドレス
I am areturning customer, and my passwords is:に登録したパスワードを入力してSign in using our secure serverをクリックします。

2 ACCOUNT INFO

Company Nameは不要(あれば記載)

WebSite URLも不要(あれば記載)

Website or Application Descriptionはサイトまたはアプリの説明を入力します。これは任意ではなく必須です。(もちろん英語でw)

Check here to indicate that you have read and agree to the terms and conditions of the Product Advertising API License Agreement.
にチェックをつけて

スパム防止のコードを入力して、Complete Registrationをクリックします。

3 SUCCESS

になったらManage Your Accountをクリックしましょう。

ここからは日本語サイトに移動するので、楽になりますw

アカウントサービス→アクセスキー情報のこちらのリンクをクリックします。

AWSにログイン

サインイン、またはAWSアカウントを作成に先ほど作成orログインしたアカウントを入力します。

AWS アカウントのセキュリティ認証情報ページにアクセスしています。アカウントの認証情報により、AWS リソースに無制限にアクセスできます。
アカウントの安全を確保するには、アクセス許可が制限された AWS Identity and Access Management(IAM)ユーザーを作成および使用することで、AWS のベストプラクティスに従います。

と出るのでセキュリティ認証情報に進むをクリックします。

アクセスキー(アクセスキーIDとシークレットアクセスキー)をクリックします。

新しいアクセスキーの作成を押すとアクセスキーIDとシークレットアクセスキーが発行されます。
アクセスキーIDとシークレットアクセスキーをメモ帳などにコピーしておきます。

※既にアクセスキーIDが表示されてたとしてもシークレットアクセスキーが無いので、新しく作成します。

日本のAmazonアソシエイトタグの取得

Amazonアソシエイト(アフィリエイト) プログラムに参加しよう!
から登録します。
※AmazonのIDがあっても登録した覚えが無ければ登録されていません。

アカウント認証で電話番号を入力する時の注意点
080-xxxx-xxxxという電話番号だった場合は、+8180xxxxxxxxと入力する必要があります。

アソシエイトIDが発行されるので、こちらもコピーしておきます。

Amazon JSの設定

設定→Amazon JSをクリックしてAmazon JSの設定画面を開きます。

先ほどコピーしたアクセスキーとシークレットアクセスキーをコピペします。

同様にAmazon.co.jpのテキストボックスに、コピーしたアソシエイトIDを入力して変更を保存して設定が完了です。

Amazon JSの使い方

記事投稿の画面のメディアを追加の横にAmazonのロゴが表示されているので、ここをクリックすると商品検索フォームが表示されるのでキーワード検索をするか、ASIN/URLで検索のタブをクリックしてASIN/URLで検索します。

選択をして、オプションを好きに選択して挿入を押せば、簡単に商品を追加する事が可能です^^

さて、画像なしの文章のみで紹介してきましたが参考になりましたか?

要望があれば動画での作成もするかもしれません^^

商品掲載サンプル

Les’t WordPress Enjoy!