《 改造 LED 》iPhone7のリンゴ(アップルマーク)を光らせるカスタム

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。
今回はiPhone7のリンゴ(アップルマーク) カスタムをを行いたいと思います!
今回の改造方法はバッテリー交換にも適応可能ですので、iPhone7のバッテリーを交換したい方も参考にしてみてくださいねw

iPhone7の分解方法をお探しの方も、パネルを外すところまでは参考になるかな?

YouTube投稿動画

必要工具・パーツ

T0.8トルクスドライバー

Y字ドライバー

LEDキット

1.iPhone7の画面をまず取り外す

iPhone7のアップルマークのカスタム その1

まず、ボトムのトルクスネジを取り外します。

本体を保護するために、テープなどで保護しながら画面右下あたりからヘラを入れて画面を浮き上がらせます。
浮き上がらせたら、プラスチックのピックのような工具で画面を剥がしていきます。

iPhone7の画面は耐水加工をするために、両面テープで貼り付けられています。
これをカットするためにピックのような工具を使用致します。

片側から金属のヘラを入れたあとはピックを一周入れ込んだら完了です。
よくわからない方は動画を参照してください。

2.画面を取り外せたら

iPhone7のアップルマークのカスタム その2

ピックとヘラを使って本体と画面の分離に成功したら、画面のケーブルとカメラのケーブルを取り外す必要があります。

画面のフレキシブルケーブルは本体の右下あたりにあるものです。
フロントカメラは右上に接続されているケーブルです。

画面のフレキシブル周りを固定しているプレートを取り外すためにY字のネジを4本取り外します。
この時、液晶のフレキシブルケーブルだけを外すのではなく、バッテリーのケーブルも外しておきます。
※不要なショートなどを防ぐ為です

次に上部のフロントカメラのケーブルを取り外します。
フロントカメラのケーブルを取り外したら、完全に本体と液晶の分離が完了です。

3.バッテリーを取り外す

iPhone7のアップルマークのカスタム その3

バッテリーのフレキシブルケーブルを先に外していることが前提ですw
このリンゴマークを光らせるカスタムは、バッテリーを取り外す必要があります。
バッテリーを固定している2本の両面テープ?を取り外します。

基本的に真下に引っ張ってれば取り外せるはずですw

4.リンゴマークを取り外す

iPhone7のアップルマークのカスタム その4

バックパネルのリンゴマークを取り外すには金属製のヘラのようなものが必要になります。

ヘラを押し込んでリンゴマークの周りを一周させるとリンゴマークが取れます。

5.光るリンゴマークキットに付け替える!

iPhone7のアップルマークのカスタム その5

次に光らせるアイテムの導入です。
アクリル?のような素材のリンゴマークをはめ込みます。

この時、しっかりとはめ込まないと、リンゴマークの部分から水とか入ってくるので注意してくださいねw
※ただ、分解している時点で耐水性などは薄れていると思います。

リンゴマークを取り付けたらLEDユニットを組み込んでいきます。
この時、右側のコンデンサー部分を折り曲げておきます。

折り曲げておかないとバッテリーに干渉するので注意してくださいね^^
端子部分は、バッテリーの端子部分とぴったり合わないと電源が供給されないので上から見て真上にくるように設置しましょう!

設置したらズレないようにバッテリーを戻していきます。
※バッテリーには新しいテープを取り付けておきましょう。

iPhone7のアップルマークのカスタム その6

6.液晶を戻す

iPhone7の液晶パネルは耐水シールを貼りなおす必要があります。
耐水シールを貼りなおして、液晶パネルを戻せば完了です!

※ただ、耐水シールを貼りなおしたからといって、元々あった耐水性の基準値に戻るわけではありません。
必ず最初よりも耐水性は低くなっていますので、同様の使い方は厳禁です!

5.使い方

1タップでライトの点灯のパターン変更

2タップでライトのオンオフ

本体の電源がついててもついてなくても、ライトの点灯は可能です^^

まとめ

iPhone7のリンゴカスタムは昔からありましたが、今回のiPhone7のリンゴが光るようにするカスタムは液晶画面と連動しない点が一番嬉しいです!

液晶画面と連動してリンゴマークが点灯する場合は、通話時などにリンゴマークの点灯が消えてしまう事がデメリットなんです。

ただ、今回のリンゴカスタムはバッテリー直付けタイプなので画面の点灯に関係なく光ってくれるので、凄くカッコいいです!

ブート選択画面に増殖するWindowsを削除する!

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回は、Windowsの起動時に複数出てしまう問題を解決したいと思います!

この解決方法はすごく簡単なんですw

BOOT CAMPの環境でも普通のWindows環境でもやり方は同じなので、同じ現象で困ってる方がいたら是非参考にしてみてくださいね^^

YouTube投稿動画

1.Windowsを起動する

先ずは普通にWindowsを起動します。

2.msconfigを起動する

検索ボックスorファイル名を指定して実行にmsconfigと入力するとmsconfigが起動します。

3.ブート タブを選択する

あとは不要なOSの項目を削除するだけ!

まとめ

引き伸ばした感が半端ないですが、これぐらい超簡単な作業で増幅したWindowsの起動画面をスッキリ解決できるんですw

この方法はWindows7、Window8、Windows10で確認していますので、お困りの方は参考にしてみてください^^

この項目があるとないとじゃ、起動に掛かる時間が最短5秒ぐらいは違いますからねw

Let’s PC Life Enjoy!

ヤフオクやメルカリに出品されている超激安OfficeとWindowsの正体は?

ヤフオクやメルカリで出品されている超激安のOffice2016やWindows10のプロダクトキーのみなど商品をよく見かけます。

これは一体何なんでしょうか?

量販店や正規通販などで購入してもOffice 2016は3万程度はします。

Office 365でも1年間のライセンスで1万2千円もするのに、1,300円や1,500円などといった価格をよく見かけます。

ヤフオクの説明欄を見ると下記のような説明があります(Office 2016)
サブスクリプションのことについて、こちらはVL版を採用しておりますため、月額費用無しでご利用が可能でさらに何度でもインストールが可能です。

との事です。

YouTube投稿動画

サブスクリプションとは

ソフトウェアのライセンス形態の事で、下記の2つに分けられる事が多い。

使用権を買い取るタイプ

半永久的に使用する事ができて、購入時に代金を支払うタイプ。

使用権をレンタルするタイプ

1ヶ月や1年間の契約で、ソフトウェアの使用権をレンタルするタイプがあります。
更新時に代金を支払います。

VL版とは?

VL=ボリュームライセンスの略称です。

では、ボリュームライセンスってなんなの?って疑問が生まれますよね。
ボリュームライセンスとは、企業や学校向けの購入方法の一つです。

1つのライセンスコードで複数の端末にソフトウェアをインストールする事が可能です。

ボリュームライセンスに関していろいろと譲渡に関しての制約があります。
通常の方法でボリュームライセンス版の譲渡は難しいと考えられます。

正規品と非正規品の見分け方

詳しい正規品と非正規品の見極め方はマイクロソフトのサイトに書いてありますので、ご確認ください。

極端に安い商品

最新のシリーズが定価が3万もするのに1,500円とかで売らないですよね?^^;

Office Professional Plusが販売されている

Office Professional Plusは企業向けの商品のため、一般流通はしないOfficeです。

Office Home and StudentとOffice 365 Home Premiumが販売されている

両方とも日本国内向けの製品ではありません。

OME版が売られている

マイクロソフトのサイトではDSP版も該当していますが、DSP版はOS販売では結構見かける商品ですね。
OME版のOfficeは基本的にメーカーに卸販売されている物なので、ライセンスキーのみ流出するのは考えにくいと思います。
中古ライセンスは稀に出回っていますが、認証できない可能性もあるので注意しましょう。

OEMとは?

OEMとはOriginal Equipment Manufacturerの略称で、委託業者などを指しています。
OEM版が使用されるのは、基本的にメーカーPCのみとなります。

ヤフオクで激安Officeを実際に購入してみた!

期間限定のTポイントが余っていて、買うものを探していた所このような商品を見つけたので買ってみましたw

購入金額はなんと「387円!」激安Officeのインストール方法など

落札金額は387円でしたwwww

正規品のOfficeを買うときの消費税にもなりませんねw

取引ナビからTポイントで即効決済してみると、数分後にはテンプレートの返信が送られてきます。

上記のように他人のIDに接続する必要があるようです。
※他人のIDにアクセスすると、不正アクセス禁止法に触れる可能性があります。

このままログインしてしまうと法に触れる可能性もあるので、今回は購入して中身を確認して終わりです^^;

usedu.siteのWhois結果

メールアドレスのドメインをWhoisした結果が、下記になります。

Domain Name: USEDU.SITE
Registry Domain ID: D39560882-CNIC
Registrar WHOIS Server: grs-whois.hichina.com
Registrar URL:
Updated Date: 2017-01-20T17:52:08.0Z
Creation Date: 2016-11-28T06:10:18.0Z
Registry Expiry Date: 2017-11-28T23:59:59.0Z
Registrar: Alibaba Cloud Computing Ltd. d/b/a HiChina (www.net.cn)
Registrar IANA ID: 1599
Domain Status: ok https://icann.org/epp#ok
Registry Registrant ID: C98519162-CNIC
Registrant Name: Xiong Jun Han
Registrant Organization: Xiong Jun Han
Registrant Street: Wu Ning Xian Xin Che Zhan Dui Mian Liu Jie Shang Zhu Lou
Registrant City: jiu jiang shi
Registrant State/Province: jiang xi sheng
Registrant Postal Code: 100000
Registrant Country: CN
Registrant Phone: +86.13387062754
Registrant Fax: +86.13387062754
Registrant Email: 3150094609@qq.com
Registry Admin ID: C98519162-CNIC
Admin Name: Xiong Jun Han
Admin Organization: Xiong Jun Han
Admin Street: Wu Ning Xian Xin Che Zhan Dui Mian Liu Jie Shang Zhu Lou
Admin City: jiu jiang shi
Admin State/Province: jiang xi sheng
Admin Postal Code: 100000
Admin Country: CN
Admin Phone: +86.13387062754
Admin Fax: +86.13387062754
Admin Email: 3150094609@qq.com
Registry Tech ID: C98519162-CNIC
Tech Name: Xiong Jun Han
Tech Organization: Xiong Jun Han
Tech Street: Wu Ning Xian Xin Che Zhan Dui Mian Liu Jie Shang Zhu Lou
Tech City: jiu jiang shi
Tech State/Province: jiang xi sheng
Tech Postal Code: 100000
Tech Country: CN
Tech Phone: +86.13387062754
Tech Fax: +86.13387062754
Tech Email: 3150094609@qq.com
Name Server: DNS9.HICHINA.COM
Name Server: DNS10.HICHINA.COM
DNSSEC: unsigned
Registry Billing ID: C98519162-CNIC
Billing Name: Xiong Jun Han
Billing Organization: Xiong Jun Han
Billing Street: Wu Ning Xian Xin Che Zhan Dui Mian Liu Jie Shang Zhu Lou
Billing City: jiu jiang shi
Billing State/Province: jiang xi sheng
Billing Postal Code: 100000
Billing Country: CN
Billing Phone: +86.13387062754
Billing Fax: +86.13387062754
Billing Email: 3150094609@qq.com
Registrar Abuse Contact Email:
Registrar Abuse Contact Phone:
URL of the ICANN Whois Inaccuracy Complaint Form: https://www.icann.org/wicf/
>>> Last update of WHOIS database: 2017-06-01T08:32:21.0Z <<<

For more information on Whois status codes, please visit https://icann.org/epp

IMPORTANT NOTE: The format of WHOIS records changed on March 1, 2017.
For more information, please visit:

https://www.centralnic.com/company/news/2016/changes-to-whois

This whois service is provided by CentralNic Ltd and only contains
information pertaining to Internet domain names registered by our
our customers. By using this service you are agreeing (1) not to use any
information presented here for any purpose other than determining
ownership of domain names, (2) not to store or reproduce this data in
any way, (3) not to use any high-volume, automated, electronic processes
to obtain data from this service. Abuse of this service is monitored and
actions in contravention of these terms will result in being permanently
blacklisted. All data is (c) CentralNic Ltd https://www.centralnic.com/

Access to the whois service is rate limited. For more information, please
see https://registrar-console.centralnic.com/pub/whois_guidance.

完全に中国系ですねw

メルカリでも同様の詐欺商品が大量に流通!

今回はヤフオクで購入しましたが、メルカリでも同様の商品が出品されていますので、ご注意ください。

 激安OfficeとWindowsのマイクロソフトの見解

マイクロソフトの公式サイトから問合せを使い、チャットでいくつかの質問をしてみました。

Q.ヤフオクやメルカリなどの売買サイトでVL版や認証済みアカウントは違法な商品でしょうか?
 また、知らずに購入してしまいサインインしてDLなどしてしまった場合は何かの罪に問われますか?
A.アカウントの売買自体は法的にも若干問題が含まれており、弊社ではそのような販売方法の取り扱いはございません。
 個人情報保護や不正アクセス等の問題がございますため、アカウントの売買自体は弊社では認めてないものとなります。(詳細は法律の専門的な分野になりますため、具体的には当サポート窓口からのご案内ができない状況となります。)
 また、誤って購入されてしまった場合につきましては、状況によって判断が変わってくることがございますため、罪になるかどうかの判断というのもこちらではできないのですが、少しでも不審な点のある製品につきましてはやはり、ご購入を避けることで自衛していただきたく、という、一般的なご案内になります。

Q.同様に、Windows10などのOEMライセンスが販売されているケースもありますが、こちらは通常メーカーに卸される物ですが、プロダクトキーのみでの販売されている物に関しては、通常はライセンスが使えないという認識であっていますでしょうか?
A.当窓口はWindowsOSの詳細な情報はないのですが、OEMパソコン用のプロダクトキーだけの販売というのは、やはり正常な販売形態とは考えにくい状態ではございますね

上記の質問を投げかけてみましたが、やはりマイクロソフトが認めている物ではないですね!

いくら安いからといって偽商品を買うのはやめましょう!

ソフトはメーカーの収入源であり、他から違法性のあるプロダクトキーを入手して使われてしまうと開発費に回る予定だったお金が未回収になり、今後ソフトの開発に影響が出てしまいます。

まとめ

ヤフオクやメルカリ激安で販売されているOfficeやWindowsのアカウントやライセンスキーを買ったとしても、今後使えなくなる危険性などもあります。

安いのには安いだけの理由がある!危ない製品と引き換えに自分の個人情報を引き渡してしまうのです。

販売しているアカウントは900件を超えるものなどもあり、評価は全ていい評価です。

しかし、これは正規のアカウントやライセンスではありません。

知らないうちに自分が犯罪者になっているかも?

こういった商品を『安いから買うのは辞めましょう』

殻割り初心者がIntel CPU Xeon 5680の殻割りに初挑戦! 後編

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

今回は前回のCPUの殻割りの続きです!

前編はコチラ

DualCPUに使用するために2個のXeon X5680を用意しておいたので、もう片方を殻割りしていきます!

YouTube投稿動画

気を取り直して2個目の殻割りをしましょう!

という事で2個目の殻割りに突入です。

今回は金属のヘラを使って殻割りをしました。

やはり金属は薄いので、簡単にCPUとヒートスプレッダの間に入ってくれます。

1週してある程度はがれたと思ったら、ヘラを両サイドに挟み込みます
(カミソリの刃を使う場合は4方向に剃刀を挟み込むようです。カミソリを使う場合は刃に気をつけましょう!)

アイロンで殻割り!

アイロンを温度中に設定します。(もちろんドライです。スチームに設定しないように!w)

ヒートスプレッダにグリスを塗りましょう。

コップに乗せます。(金属ヘラorカミソリの刃がコップに乗ってる状態)

アイロンが暖まったらヒートスプレッダの上にアイロンを乗せます。

ある程度時間がたつと、CPUが勝手に落ちてアイロンにヒートスプレッダだけが残る仕組みです。(シリコングリスでアイロンにくっ付けるため、グリスが必須になります。)

今回はワイヤレスタイプのアイロンを使ってしまったため、途中で温度が落ちてしまったので充電しながらあっためましたw

その為コップは必要なく、アイロンの充電器にCPUが無事落ちました^^

※この時CPUは非常に熱くなってるので、絶対に素手で触らないように!w

基盤の方ならいけるかな?と思って持ったら若干焼けど気味になりました…w

2個目は綺麗に殻割りが成功しました!

まとめ

『初心者でもきちんとした手順と、無理にヒートスプレッダを外そうとしなければきちんと殻割りは安全に可能です^^』

今回感じたのは金属製のヘラを薄く加工したものを使用しましたが、硬いカード類があればそれでも問題なく殻割りが可能です。

Rockit88という殻割りキットもありますが、DIY精神からカードで殻割りしました。

 

皆さんも自分で殻割りする場合は、失敗例のようにならないように慎重かつ大胆に接着剤を剥がし、ヒートスプレッダを暖めてCPUと分離させましょうw
少しでも参考になればと思います!
Core i7やi5・i3も基本的には同様の構造のはずですので、上記の手順でCPUの殻割りは可能かと思います。

※もちろんですが、この記事を参考にしてCPUが壊れたとしても責任は負いかねますのでくれぐれも『自己責任』で殻割りを行ってくださいw
初めてCPUの殻割りに挑戦し、綺麗な失敗例と成功例を体験したシュンペータでしたw

殻割り初心者がIntel CPU Xeon 5680の殻割りに初挑戦! 前編

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します!

今回はMacPro Early2009用に用意したCPU Xeon X5680の殻割りに挑戦したいと思います^^

PCの自作暦はそこそこありますが、CPUの殻割り自体は初挑戦です!

CPU自体はXeonもだいぶ安くなってきたので、5万もするCPUで殻割りするより気持ち的には楽ですよねw

ただ、安いといっても1個8,000円~10,000円ぐらいはしますからねw

CPUの殻割りに必要な物

硬いカード(今回はSIMカードをとったあとのカードを使用しています)

金属ヘラor剃刀みたいなもの(カードを使う場合は不要)

アイロン(出来れば有線)orヒートガン(どちらかは必須?)

CPUグリス(安物でOKでアイロンの場合のみ使用します。)

ガラスor陶器製の耐熱性容器(アイロンの場合のみ使用します。)

エタノールorグリスリムーバー

度胸と折れない心(必須w)

YouTube投稿動画

CPU殻割りはなぜするの?(メリットとは)

CPUとヒートスプレッダの間の半田?グリスを別の物にして冷却効率を高める点です。

ただしかし、Mac Proに限って言えばEarly2009以降は必須になるようです。

搭載されているXeonが殻割り状態の物のため、交換するCPUも必然的に殻割りしたものでないと受け付けないようです。

Mac ProのCPUアップグレードにはCPUの殻割りが必須!

だから、CPUの殻割りに初挑戦しました。

その模様と注意点などをまとめたので、殻割り初心者の方は参考にしてみて下さい。

今回はヒートスプレッダの凹んでる部分を基点に殻割りをスタートしました。

この部分は接着されていない為、比較的簡単にカードが入ると思ったためです。

慎重にカードの薄くした部分を差し込んでいきます。

XeonはCPUコアの回りにコンデンサがある為、これらを傷つけないように慎重にカードを1週させます。

カードを1週させたらヒートスプレッダとCPU本体を分離させます。

ヒートスプレッダとCPUは半田?で強く固着しています。

構わずカードの厚めの部分を使い2枚で圧をかけて、取り外そうと思いました。

メキメキ音がしてますが、関係なく再度までカードを押し込んでそのままちょっと待ってると

『メキメキメキッ バキッ』というような音がしました

(  Д ) ゚ ゚

CPUコアの殻割り(物理的)に成功しました!!←駄目なヤツw

ものの見事にヒートスプレッダにCPUコアを持っていかれましたw

メキメキと音がしたら絶対にそのまま殻割りを続行しないように!
いい子の皆はお兄さんと約束だぞっ!

まあ、CPUコアが壊れるという美味しいシーンを取れたので良かったとしましょう。(約9,000円分の撮れ高があったかは不明w)

コアを破壊した後、2個目の殻割りにいく前に即効で別のXeon 5680を探しましたが、1個2万円ぐらいのしかない…
新しいCPUを買うまではMac Proのカスタムはお預け状態ですねw

後編はコチラ