粗悪ハンドスピナーを修理!

おはようございます、こんにちは、こんばんは、シュンペーターと申します。

せっかく買ったハンドスピナーが全然回らない(´ω`。)グスン

そんな事もあると思います。

10個ぐらいハンドスピナーを購入しましたが、2~3個ぐらい全然回らないハンドスピナーがありましたw

そんな時に、簡単な修理を行う事で回転が改善される事があるので、是非紹介したいと思います!

YouTube投稿動画

工程1 ハンドスピナーの持ち手を取り外す

まず、真ん中の持つ部分を取り外します。

反時計回りに回すと取り外す事が出来ます^^

片側は指で押さえておきます!

工程2 ベアリングを固定している金具を締める

なぜハンドスピナーが全然回らないのかというと、ベアリングを固定している金具が緩いから、ベアリングの回転がぶれてすぐ止まってしまうという現象が起こるのです。

なので、ベアリングを固定している金具をしっかり締めてあげる事によりブレを少なくしてスムーズに回転させるという作業になります。

僕はPCIのカバーで回しましたがw、コインやマイナスドライバーなどで時計回りに回して締めます!

工程3 持ち手を元に戻す

持ち手をもとに戻したら完了です!

たった3工程で回転に驚きの差がっ!

最初に比べると、相当満足な回転数かと思います^^

まとめ

ハンドスピナーは現在社会現象的な人気になってますよね!

人気になればなるほど大量の商品が流通して、中国産などの粗悪な商品も大量に出回ってきます。^^;

組み立て作業の時に、適当に組み立てたりなどあるのでしょうね。

※もちろんベアリングの当たり外れもあるので、全ての粗悪ハンドスピナーにこの方法が当てはまるとは限りません。

この他に、ベアリングを脱脂したりすると更に回転数がよくなるなどの改造方法もあります。

日本製の高性能なベアリングに変えてしまうのもありですねw

今後もハンドスピナーも取り上げていくと思います^^

Let’s HandSpiner Enjoy!